これまでの経過はこちら

変わらず接してくれる友達の存在|嬉しさと寂しさ・安心感と不安

不登校と友達の存在

久しぶりに友達が遊びに来ていました。

受験生ですが、ちょうどテストが終わって4連休となりました。

娘はテストは受けませんでした(^▽^;)

 

久しぶりに笑い声が響き渡りました。

すごく楽しそうです。私も嬉しかったです。

不登校になる前と変わらないですね。

 

何も変わってないの。子供たちの間では。だから安心できるんです。

小学校の時からの友達。いつも、こうやって集まっていました。

実は、今 同じクラスなんです。中学になってからは初ですね。

 

8クラスもあるんです。そんな偶然はないです。

これは、学校側の娘に対する配慮です。

なんとか3年生になって学校に来れるようにならないかと。

 

私が依頼したわけではありません。2年の担任が頑張ってくれました。

今も同じ担任です。2年連続ですね。とても感謝しています。

 

娘にとっては夢のようなクラス編成だったんです。

なんとか一緒に通おうとした。それでも行けない。

いかに学校に大きな壁があるか改めて思い知りました。

学校に行きたくても行けないんです。

 

お友達も現状を受け入れてくれています。

学校の話を避けているわけではありません。

学校での出来事も一緒に話しています。

娘も嫌ではないんですね。繋がっていたい。

 

ただ、帰ってから 心がものすごく不安定になります。

どーんと落ち込みます。楽しそうな表情から一転する。これは毎回そう。

どうしようもない気持ちが襲ってきます。

楽しさから寂しさ。安心感から不安へ。

 

中3です。進路のことがあります。

一緒に高校に行こうって言ってくれたら嬉しい。

でも、現実は厳しいんです。希望を持ってる。その葛藤がある。

 

一緒にいられるとみんなと同じ感覚になる。

このままがいい。前と同じ。帰ってから自分は違うと気づく。

志望校に向けて 友達は頑張ってる。取り残されていく。

 

学校と離れていくことは、お友達とも離れていくことだと思っています。

学校じゃなくても お友達と会えるよ。

そう言ってるけれど、毎日教室でこんな風におしゃべりしたいんだよね。

自分だけ取り残されていく感覚は怖いよね。

 

この先、どんな進路を選んでも また友達はできる。

そう言ってるけれど、ずっと独りぼっちだよって言う。

学校という小さな世界が まだまだすべてなんだよね。

 

行きたいけどいけない。

嬉しいけど寂しい。

安心感と不安感。

希望と現実。

 

心の中には相反する気持ち、矛盾がたくさん。

この気持ちの中で葛藤し続けている。

だから、心が消耗する。辛いと思う。