100人以上の不登校体験談

学校に行きたくても行けない。教室に入れない子|心理カウンセラーに聞きました

娘は「学校に行きたくても行けない」と言います。

ある日をさかいに クラスメイトがいる教室に入れなくなりました。

どうして 教室に入れなくなったの?

 

教室に入りたくないの?

 

子どもの心の中はどう変わったの?

 

心の病気?

ハム疑問

親は子どもの変化に戸惑います。

この記事は、心理カウンセラーさんに、教室に入れなくなった子どもの心理について語っていただきました。

この心理カウンセラーさんご自身も不登校経験者です。

【追記】2021年10月現在の娘の様子と今の思いを管理人が書きました。

教室に入れなくなってから1年10カ月後の変化です。

母が見てきた変化|学校に行きたくても行けない、教室に入れない子供

不登校で悩んでいるお母さんへ、今思っていること。

不登校児の親御さんへ|学校、不登校の思いと情報の取捨選択について

参考記事

100人以上の不登校体験談を紹介しています。

不登校とその後の進路|本人・家族・関わった方の体験談

学校への連絡について

不登校、朝の学校への電話連絡は親子とも辛い|欠席から出席連絡へ変更

 

葉っぱ区切り線

 

不登校の子どもの多くが、学校に行きたいと頭では思っていても体が動かず、登校できないジレンマを抱えています。

不登校というと、学校に行きたくない子どものわがままだと思ったり、無理にでも行かせないと本当に学校に戻れなくなってしまうと親御さんはあせってしまいがちです。

そんな親の姿を一番近くで見ている子どもにとっては、悩んでいる姿を見ていることすら辛いと感じ、余計に自分を責めて、殻に閉じこもってしまいます。

 

不登校の子どものなかには、学校には行けるけど教室には入れないと悩んでいることもあります。

実際に不登校で相談される方の多くはそのタイプになり、保健室だったり相談室に登校して自主学習をして過ごすことも少なくありません。

 

また、廊下で授業を受けて休憩時には保健室に戻る子もいます。

なんとかして、授業を受けたい、出席日数、評価につなげたい。

それでも、教室にどうしても入ることができない子が思った以上に多いのです。

 

それだけ、教室はハードルが高い場所となっています。

教室に入ることが怖い。まず、そのことを理解してあげてください。

どうか、その気持ちに寄りそってあげてください。

 

同じように不登校で悩んでいる子どもと勉強したり、カウンセラーと話したりしつつ学校生活を送る子もいます。

不思議と教室以外の場所で過ごしている姿はとても楽しそうなものです。

適応教室やフリースクールには伸び伸びと通える子もいます。

行事だけ、部活だけは参加できる子もいます。

 

 

教室に入れない子どもは、クラスメイトに会うことを嫌がることも多く、登校時間をずらすなどの対策も必要になります。

このあたりの対応は学校側、先生方にも理解が必要です。

 

教室に入れない子どもにはいくつか原因が考えられます。

まず一つに「視線」があります。

教室に入るとみんなが自分のことを見ているような気がする。

視線を感じると過剰に気にしてしまいます。

 

特に不登校の期間が長くなればなるほど、みんなに噂されている気がする、怖いと教室からどんどん遠ざかってしまうのです。

教室に入るのが怖いんです。学校恐怖症という言葉もあります。

関連記事

未来の学校ラジオ分室|小児科医が語る学校恐怖症・慢性疲労症候群・登校拒否

教室の一番前の席が怖い子どもの心理|好きな席と嫌いな席について

 

確かに好奇の視線を向けてくるクラスメイトもいるかもしれません。

視線の辛さは不登校をしている本人しかわかりません。

まわりがどんなに「大丈夫だよ」「待っているよ」と言っても、本人にとっては「不安」は大きく、負担になってしまいます。

 

親からも「お友達が待っていてくれているよ」といわれるのは、不登校の子どもにとっては余計に自分を責めてしまいます。

手紙などもそうです。もちろん、状況によっては嬉しく感じる子もいますが、行けない子にはプレッシャーとなります。

 

また、「いじめ」が原因で教室に入れなくなってしまう子どももいます。

本人が自覚している陰口もいじめの一つです。

上履きを隠されたり、教室の机のなかにゴミが入っていたり、教室で自分の机だけが離されているなど、どれも陰湿なものばかりです。

 

気づかない教師は「気のせい」と片づけてしまうこともあります。

教室に入ると またいじめに合う、誰も助けてくれない、わかってくれないと思うと、足が向かなくなってしまうのです。

 

学校に行きたくても行けない子どもは本当にたくさんいます。

それと同時に、学校には行けるけど教室に入るのが怖いと感じている子どももいるのです。

 

十分本人は頑張ろうと努力しています。

それなのに「学校に行きなさい」や「今日こそは教室に入ろうか」と話すのは子どもの負担にしかならないのです。

まずは、子どもの気持ちに寄りそってあげることが大切です。

葉っぱ区切り線

関連記事

不登校の勉強|教師・塾講師経験から塾・家庭教師・通信教育の選び方