100人以上の不登校体験談

SNS・クラスLINEでのいじめや誹謗中傷|不登校になってからの悩み

今、SNSでの誹謗中傷が問題となっています。

有名人だけではなく、これは子ども達の世界でもあります。

避けては通れない問題です。

この記事は不登校経験のある心理カウンセラーさんに執筆してもらいました。

葉っぱ区切り線

 

小中学生の多くがスマホを所有し、LINEなどのSNSを使って連絡を取るようになった現代だからこそ、いじめによる問題が深刻化しています。

いじめというと、学校内で行われているものだと思っているかもしれません。

人と人の繋がりがより気軽にできるSNSですが、認知するのが難しく、まわりが気づいたときには、深刻な問題になっていることもあります。

 

例えば、クラスLINEもその一つです。クラスのほとんどが入っているグループLINEは、ときに特定の子どもに対しての誹謗中傷の原因となってしまうこともあります。

きっかけは本当に些細なことになり、クラスの代表的な生徒が発言した内容がきっかけで既読スルー、誹謗中傷が集中的に行われしまうこともあります。

SNSのように目の前に相手がいないケースや匿名性の高いSNSは、安易に書き込みができるからこそ、簡単に被害者にも加害者にもなることがあります。

 

また、グループLINEに誘われない、入っていたのにいきなり外されてしまいその理由が聞けないなど、SNS特有の特徴が原因となっていることもあります。

学校に行くと陰口を言われるようになり、視線が気になり学校に行けず不登校になってしまうことも…。

 

グループLINEだけの問題に限らず、個別LINEで「死ね」や「学校に来るな」などの悪口が送られてくるなど、誰にも言えずに悩んでいる子どももいます。

直接自分で見なくても「悪口を言われている」と聞けば、子どもは傷つき距離ができ不登校になってしまうことも。

 

SNSによるネットいじめは、日常茶飯事で起きています。

これだけSNSによるいじめが問題になると、子どもにスマホを持たせるべきなのか悩まれる親御さんもいると思います。

ただ、子どもにとってもコミュニケーションの一環であり持たせないのは難しいはずです。

子どものグループLINEを除くなどの過干渉になっては、子どもの自尊心を傷つけることにもなってしまいます。

 

現代のようにSNSによる連絡手段が当たり前になっている時代だからこそ、子どもと話す機会を多くとり、相談しやすい関係を築いていくことも大切です。

子どものなかには、親に心配をかけたくないと我慢してしまうケースも少なくありません。

いじめられていると話すことが恥ずかしい、知られたくない子も多いのです。

また、共働きで忙しく、話す時間がなかなかとれないなんてご家庭もあると思います。

 

もし、子どもがSNSでいじめにあってしまったとき、まずはその経緯や状況を把握しておくこと、できるだけ証拠を集めるためにスクリーンショット等で残しておくことも大切です。

学校側に相談したり、動いてもらうには必要となってくることがあります。

 

子どもを守れるのは親だからこそ、「うちの子どもはいじめにあうはずがない」と考えるのではなく、もし加害者・被害者になってしまったら…?と考え冷静に行動できるようにしましょう。

また、子どもの変化に気づけるようにコミュニケーションの機会を増やしていきましょう。

関連記事

心理カウンセラーが語る|新学期の女子の悩み、スクールカーストについて

 

葉っぱ区切り線

 

管理人よりクラスLINEは中1の頃は、まだ入っていませんでした。

 

スマホを持ったのが中2の夏です。

 

どちらかというと慎重に考えていました。

 

それは、小学生の頃にタブレットでしていたゲーム内のチャットでトラブルがあったからです。

 

死ねと言われた。友達をはずされた。

 

ある日 泣いて学校に行けなくなったことがありました。

 

(その時は不登校にはならず数日の休みでした)

 

担任に相談した時に、「本人の了承を得て、お母さんがやり取りを確認してください。それを報告してください」と言われました。

 

やり取りは、本当に些細なこと。

 

まだまだ幼く、顔文字の意味もよくわかっていないような。行き違いもある。

 

中2となってからは、情報共有の意味でも、なかなか避けることは難しくなり、自然と入ることになりました。

 

ただ、トラブルはやはりあり、担任が指導をしたと聞きました。

 

不登校になる直前の出来事でした。

 

特定の子の誹謗中傷です。娘は既読だけ。どう答えたらいいんだろうと悩んでいました。

 

HSCの子どもは その対象が直接ではなくても、自分のように考えたりします。

 

もしかしたら「エンパス」かもしれません。

 

不登校となってから、仲の良い友達とのLINEでの繋がりは心の支えにもなります。

 

それでも、休み始めた頃、「明日は学校に来てね。」「行けなくてごめん。」

 

そんなやりとりに苦しんでいました。なんとかして行かなきゃと思う。

 

けれど行けない。約束を破った。自分はダメな人間だと。

 

LINEは読んだら既読となる。返信をしないといけない。

 

お友達も、学校の話題を出していいか。どう誘っていいのかわからない。

 

お友達のお母さんから、子どもが悩んでいると聞きました。

 

少し距離を置いている時期もありましたが、ある時期から お友達も学校に行けない状況を受け入れてくれて、学校以外で会う約束したり、LINEをうまく活用していました。