不登校体験談を紹介(現在94人)

中1と中3で不登校となり復帰した体験|カウンセリングで気持ちが楽に

不登校体験本人

 

中学1年の頃と中学3年の頃に1~2か月程学校に通わない時がありました。

 

中学1年の頃は特定の生徒に暴力を受ける事等があり、通学する事が嫌で親に相談し学校には通わず、基本的には日中は家から出ずに過ごしていました。

 

 

部活動に入っており、夜間はクラブチームにも所属していたので夜間のクラブチームの練習には参加していました。

 

後に加害者側の謝罪と学校側が対策を約束した事で徐々に通う様になり、暫くして通常の学校生活に戻りました。

 

 

中学3年時の不登校は、部活内におけるトラブルに加えて、怪我をしていた事で精神的に不安定になり、登校時間になると体の不調が出て動けなくなるので、当時のかかりつけ医に相談し、無理な時は行かない方が良い という事で家で安静にしていました。

 

この時は軽めの睡眠導入剤や不安な気持ちを落ち着かせる様な薬を処方してもらい、登校できる時は登校するという形をとっていましたが、徐々に容体が悪くなっていった事もあり、暫く学校に通わないという形を取りました。

 

この時は受験の事等もあったので更に不安な状態となり、カウンセリング等も受けに遠くの病院へと通っていました。

 

カウンセリングを受けた事で悩みを言う事が出来、気分的にかなり楽になった事や怪我の方も快方に向かった事で精神的な不安が無くなり、徐々に通う事が出来る様になりました。