100人以上の不登校体験談

不登校とその後の進路|本人・家族・関わった方の体験談を募集しました

この記事は、わが家以外の不登校の体験談のまとめ記事になります。

このブログでは定期的に経験談談を募集しています。

(2021/9時点で100件を超えました。その後も少しずつ掲載していきます。)

 

書いてくださった方の立場により、大きく3つのカテゴリーに分けしました。

下記のリンクより読めます。

また、当サイトでは不登校の経験をされて、今心理カウンセラーをされているライターさん、教師、塾講師の経験のあるライターさんにも定期的に記事を執筆していただいています。

 

 

自分だけの考えではなく、視野を広く持ち、様々な体験談を紹介していきます。

 

不登校・進路についての体験談を募集した理由

不登校となり、今後の進路について悩みました。

希望と現実。これからの不安。

調べていくうちに、たくさんの選択肢があることがわかりました。

 

そこで、私自身が 娘のために参考にしたくて体験談を募集しました。

過去形ではなく 募集をし続けています。

 

実際に不登校を経験したご本人、そのご家族に聞いてみたかった。

 

どのような想いで どんな進路を選択し その後どうだったのか。

 

大多数が通る大きな道だけではなくて、小さな道もたくさんあることがわかった。

学校復帰だけではなくて、もっと先を見るようになりました。

不登校を経験した人のその先を知りたかった。

 

活躍されている芸能人の方が、以前は不登校、引きこもりだった告白することはありますよね。

もちろん、それも希望となります。

関連記事

星野源さんも不登校を経験|運動・規則正しい生活・楽しいことを見つけること

 

ただ、もう少し身近な人たちの体験談が知りたいと思いました。

現実的な将来。娘もこんな風になれるかもと思えるような。

自分と同じ立場のお母さんの想いも聞きたかった。

 

視点を変えて、不登校の子ども達と仕事などで関わった方々の気持ちも聞いてみたかった。

気づき、ヒントがあるかもしれない。

 

不登校のパターンは共通する部分もあるけれど それぞれ違います。

学校でのこと、いじめや友達関係、先生などの原因がある場合。

起立性調節障害、心と身体の不調、発達障害、二次障害、HSCなど・・・

 

本人の性格や家庭環境でも違う。出会う人によっても違ってくる。

どれも決定的な原因ではなくて積み重ねの末のきっかけだっただけかもしれない。

 

不登校の時期、期間、理由、学校・先生との関わり方

完全不登校・保健室登校・別室登校・部活のみ・夕方登校。

フリースクール・適応教室など通い方も それぞれ違います。

うちの娘のことだけではなく、ここに来てくださった方に、少しでも多くの体験談を紹介できたらと思いました。

 

具体的な募集内容

具体的にお聞きしたした内容です。

基本時には、自由にお気持ちを書いていただきました。

 

いつ(小学校・中学校・高校)、どれぐらいの期間の不登校を経験されましたか?
不登校後は どのような進路を選択されましたか?
その頃の過ごし方、お気持ちを聞かせてください。

 

選択した進路はどうでしたか?どのように決めましたか?
全日制高校、通信制高校、サポート校、定時制高校、専修学校、全寮制高校
高卒認定資格、その後の大学など進学について。
仕事について(アルバイト、就職)など。
進学してからの雰囲気、行事、学費、勉強の速度・レポート内容・テストなど。
情報や特徴、感想を教えてください。

 

学校の先生、養護教諭、カウンセラー、適応教室、教育支援センター、放課後デイサービス、塾・家庭教師、相談機関の指導員・相談員、ボランティア、ソーシャルワーカー、精神保健福祉士、支援団体などで不登校の子どもと関わったことがある方、その経験、感じたことをお聞かせください。

 

どのような立場で、どのような関わりをされましたか。
どのような点に苦労されましたか。対応、声かけを心がけましたか。
不登校の子の増加についてどう思われますか。
学校以外の居場所、オンライン学習について。
不登校児の親に対して思うことなど。

 

募集の時点でブログで紹介することは了承を得ています。

 

たくさんの貴重な経験を聞かせていただき、本当にありがとうございました。

ハム鉛筆