100人以上の不登校体験談

適応障害、発達障がい|不登校から卒業後はフリーランスで在宅ワーク

 

こんにちは。当方は過去に高校在学中に不登校を経験した事がありますので、今回の記事を執筆をさせていただきたいと思います。

 

高校に入り普通に学生生活をしていたものの、どうしても周囲と馴染めずに段々と楽しくない毎日となりました。

 

勉強をしてみても楽しくないですし、遊んでも楽しくない、友達の話とかくだらない。

 

そんな事をしていると、段々と友達も離れていってしまいました。

 

かと言って、自分の生き方や主張等を変えるつもりは毛頭ありませんでした。

 

すると、いつの間にか不登校になってしまっておりました。

 

親は学校へ行くように支援をしてくれましたが、その支援も鬱陶しいと思い、気持ちを伝えると、親は「好きなように過ごしてみなさい。お前がそんな風になるなんて色々あるんだろうから。」と理解を示してくれました。

 

その後、心療内科を受診したところ「適応障害と発達障がい」という病気であることが分かりました。

 

やはり自分でも普通ではないという認識はありましたので、驚くこともなかったです

。←このようなことを普通に書いてしまう辺りも、発達障がいなのでしょう。(今の日本においては)

 

そして、レポートで高校を卒業してからフリーランスとして活動をするようになりました。

 

在宅の仕事をしてクライアントを獲得すれば、在宅で一人でも生きていけるようになりました!