不登校体験談を紹介(現在94人)

親子で一緒にゲーム・ソシャゲ|不登校児のゲーム依存・課金について

不登校とゲーム依存

今日は、親子であるソシャゲをしていました。

落ち込んでいて元気がない娘と遊んだ。

不安を忘れられるの。それは私も同じ。

楽しいことに夢中になっている時間は忘れられる。

 

朝起きるのは遅く、寝るのも遅めだけれど、なんとか昼夜逆転はしていません。

今のところ課金もしていません。そこまでは没頭していません。

そうじゃなきゃ、ゲームはやっていい。

 

不登校のお母さん達のツイートで多額の課金をしたり、お金やカードを盗んだりする話を聞いた。

ゲーム依存は怖いけれど何も言わないようにしています。

 

不登校、ひきこもりは、ずっと家にいるからゲーム依存症になりやすいと言われています。

でも、不登校だから、やっちゃいけないってことはない。

 

不登校になり始めた頃、みんなが授業を受けている時間はゲームをしませんでした。

ただでさえ、学校に行っていないことに罪悪感がある。

その時間にゲームをやるのはいけないこと。

そう言って、みんなが帰宅する時間までインしないようにしていました。

子どもなりに考えてやっています。

 

休日やコロナで休校になってから、ゲームを楽しむ時間が長くなりました。

それでも、本当に心の状態が落ちている時はゲームもしません。

何もやる気が出ない。下を向いて泣いてばかりいる。

だから、ゲームを楽しんでいる時は まだいいんです。そう思うようになった。

 

視力の低下や姿勢の悪さは心配です。

実際、近視や乱視もあるし、猫背になっちゃいました。

けっして健康的とは言えない。慢性的な運動不足だからね。

 

でも、心の休息も大事だから。ゲームをするのにも意味がある。

今はやめさせてはいけないと思っています。やめさせる方が悪影響。

大袈裟に思うかもしれませんが、ゲームによって自傷行為や命を守ってる子もいる。

 

なら、一緒にやろうと。そうすれば罪悪感がなくなるよね。

親が一緒にやったら安心する。

 

夕方登校をしている時に、ある先生が「どんなゲームが好き?」って聞いた。

好きなアニメやゲームの話をしたって。

その日の帰り道、娘の表情が明るかった。

 

それまでは課題提出や勉強をしに行っていた。

行かなきゃいけないから、自分から行こうに変わった。

今のありのままを認める。

主治医がこの先生の対応を正解だと言っていました。

 

何年も前に娘と二人でやっていたゲームがあった。

会話のきっかけにと、私が久しぶりに復帰しました。

娘と同じ目線で語れることがある方がいい。

 

ゲームをしたくて不登校になったわけじゃないから。

きっと、何か他に夢中になれるもの、頑張れるものができたら自然にやめると思う。

 

それに、ゲームがきっかけでYouTubeをしたり、通信制高校のeスポーツ高校に進学をする子もいる。

ネット、二次元ではなく 現実の世界でも居場所を見つけられる。

 

娘は、あるゲームの好きなキャラクターのグッズ関係の作品を作ってます。

学校の作品展で展示もしました。とても精密につくりあげます。

良い方にこだわりが出るといいんですよね。

 

医師やカウンセラーさんにその作品の写真を見せたら、これも才能って言われました。

なかなかここまでできる子はいないって褒められていました(*^-^*)

 

物づくりが好きなこと、得意だとわかりました。

不登校となってから、わかったこともあるんです。

 

推しキャラのグッズを買いに行くために、しばらく乗れなかった電車に乗ることもできました。

友達とも推しキャラの話で盛りあがっています。

好きなことをするって心の治療となる。パワーとなります。

甘えとは違うんですよね。心の休養、栄養。

 

それがゲームの場合もあるってこと。

こうやって何かのきっかけとなることもあります。