100人以上の不登校体験談

中3でゲームに夢中となり不登校|推薦にて私立高校合格するも退学

不登校体験本人

 

中学3年生のはじめから登校しなくなりました。

原因としてはゲームに夢中になってしまい仮病を使い休んだことです。

すぐ休め、行かなくても大丈夫じゃんと思ってしまいました。

しかし、行かなくなると逆に次行こうと思ってもなかなか行けませんでした。

学校の先生が家まで迎えに来てくれたりもしましたが、登校しても何で今まで来なかったのかとクラスメートに聞かれるのが怖くて行けませんでした。

仲の良かった友達も家に呼びにきたりしてくれて、それで登校できたこともありました。

でも、いざ行くとやはり自分の居場所はなく昼前には帰ってしまいました。

授業で使ったプリントなどを、友達が持ってきてくれて、そのままゲームをして遊ぶ。その時間が一番楽しかったです。

しかし、みんなも高校受験を控えていたので忙しくなり家に来なくなりました。

誰も来なくなると寂しくなり学校に行こうかなとも思いましたが、今更行けるわけもなく毎日ゲームばかりして過ごしていました。

夏休みに入り、先生が家に来て今後どうするのか話に来ました。

特にやりたいこともないです。と伝えると、とりあえず高校に進学したほうがいいと言われました。

学校に行ってないのに高校に行けるのか聞くと、私立の推薦受験なら可能性があるとのことでした。

そして、私立を受験し 見事合格しましたが、結局1年たたずに退学してしまいました。