100人以上の不登校体験談

同居と不登校の難しさ|隠すように言った祖母(義母)の孫への想い

わが家は同居です。一つ屋根の下に義母と暮らしています。
(義父は数年前に他界しています。娘は一人っ子です。)

完全分離二世帯住宅で、用事がなければ顔をあわせません。

今は食事を作ってくれたり、一生懸命協力してくれます。感謝しています。

不登校となって、さらに同居って難しいと思いました。

娘にとっては、干渉する 心配する家族が増える。

私にとっても気をつかう相手が増える。

助けてもらえることもある。けれど・・・。

 

学校に行っていない孫のことを、ものすごく心配しています。

玄関にいつもの通学靴があれば欠席とわかります。

私も娘もそっとしておいてほしい時期がありました。

刺激しないでほしい時がある。それがなかなかわからない。

当たり前ですよね。

学校に行けないことを理解してほしい。

唯一の安心できる場所である家に

「何で学校に行かないの?」

「今日も学校休んだの?」って聞く人がいること。

それでは、ずっと家にいる娘の気が休まらない。

 

「学校行かなかったの?」と聞かれたとき

「行けなかったんです」って心の中で思った。

この違いが大きい。そんなこと気にして言っていないかもしれない。

 

実家の父母もそうですが、この年代の人に理解してもらうのは難しいです。

身体が病気じゃないのになんで学校に行かないのかと思う。

学校に行きたくても経済的な問題で行けない、そんな時代を生きてきた人達です。

 

医師に言われたことも含めて何度も説明してきました。

主人にも一緒に話してもらいました。

でも、なかなか理解してもらえません。

 

育て方について、もっとこうしてきたらとも言われた。

母親である私の責任は大きい。それは事実です。

 

「学校に行かなくていい」と言った私に

「そんな本心じゃないことは言えない。」

義母はそう言いました。

 

私だって、娘にとって 心も身体も安心して行ける場所ならそうだよ。

行かせようとした。でも、今の学校の存在は違うの。

 

「通信制高校の話はしないように」と言われた。

「全日制高校に向けて頑張る。」

「やればできる子。母親がそんなんでどうする。」

私は、選択肢は他にもある。娘の気持ちを楽にさせたいだけ。

 

「勉強だけはさせなさい。母親が教えるの。」

こんな本を買ってきなさいとアドバイスをしてくれる。

でもね、勉強どころではない。無気力な状態。

 

「3年生で2週間休んだらアウトだわ。まだ、なんとかなる。」

2年生の冬に言われた言葉。

まだ、今なら大丈夫って意味で言ったんだと思う。

私は、この言葉にも落ち込んだ。

 

そんな感じで、現状をなかなか理解してもらえなかった。

泣いたり、声を荒げて言い合いとなることもあった。

 

「近所の人には言わないように。」

「同級生のお母さんたちに電話で話さないように。」

ようするに、不登校になっていることを隠しておけってことだよね。

それが子どものためって思っている。

 

一緒に通学していたお友達のお母さんには話した。

迷惑がかかっていたから。

不登校が始まった時、連日、寒い中 玄関で待たせる状況が続いていた。

すべてを話し謝った。

 

もう一人、不登校に詳しい同級生のお母さんだけ。

あとは、自分から誰にも話してないよ。

実際、理解してもらうには難しいし、どう話していいのかわからない。

ママ友はどんどん疎遠になって行きました。

関連記事

不登校となってからのママ友との付き合い|自然と離れていく気持ち

 

不登校になっていることはもう知ってるでしょう。

周りは聞いてこないだけ。

夕方、制服や体操服姿で車で出かける姿をよく見られています。

挨拶する。近所の人もわかっているかもしれない。

 

義母のこの言葉には、珍しく主人が怒りました。

「何も悪いことはしてない。堂々としていればいい。」

そんな風に言われたくないって。

 

義母だけではない。実母は兄嫁に内緒にしてと言った。

娘は罪悪感から部屋にひきこもってる。

ずっと、肩身の狭い思いをしなきゃいけないの?

 

でもね、助けてくれた言葉もあるの。

義母は泣いてたらダメ。明るく笑って。大丈夫。

励ましてくれた。

実母も物や手紙送ってくれたり。

 

二人の祖母は本当に心配してる。

世間体とかじゃなくて孫を守りたい。

近所で過ごしにくくならないように。

学校に復帰しにくくならないように。噂にならないように。

 

そう、復帰することを考えているんです。

私は途中から、学校へ戻ると言うことより、元気になることだけを考えています。

ここが大きく違います。

関連記事

不登校になってから目指した親子のゴールの違い|視点が切り替わった日

 

家族・身内でも理解が難しく傷つけあうこともある。

それを感じる娘も辛いんだよね。

自分のせいで家族がこうなってるって。

みんな辛い。特に不登校を受け入れるまでが。