100人以上の不登校体験談

親目線の感想|NHK「ひきこもり先生」不登校、ひきこもり、命の問題

NHK 土曜ドラマ ひきこもり先生 が 6/12~始まりましたね。

公式ページはこちら NHK ひきこもり先生

非常勤講師として、11年間引きこもった経験のある先生が不登校の生徒たちと向き合うドラマです。

中学校の不登校の子たちの特別クラスが舞台です。

 

不登校とひきこもり・・・このキーワードには敏感です。

私は不登校は受け入れました。でも、ひきこもりが続くのは怖いです。

学校に行く期間よりも、その後の人生の方がはるかに長い。

社会と繋がらなくて、心を閉ざし、家の部屋にずっといるようになることが怖いです。

 

先生の年齢が親世代ですね。私と同い年50歳。

不登校経験者ではなくて、38歳から11年間の引きこもりです。

長いですよね。親の側で考えてしまう。とてつもなく長い。

今、この長期化しているひきこもり、5080問題は社会問題となっています。

 

不登校→ひきこもりではないからね。

学校に行かないで家にずっといる状態はひきこもり状態なんだけど。

学校に適応できなくても社会に適応できて自立できている人はたくさんいます。

 

ドラマを見て、感動した人も多くいると思います。

私が感じたことをそのまま書きます(不登校の子をもつ親目線で)

少し感じた違和感も書いてみます。

以下、レビューにネタバレも含みます。

葉っぱ区切り線

 

第1話、とても重たかったですね。子どもが苦しむ姿は辛い。

不登校の原因は様々だから、どんな設定かなと思って見ました。

家庭内の事情でした。(第2話もですね)

 

家庭環境、育て方が一因もあるんです。

自分も振り返って反省しました。でも、このパターンが典型的ではない。

 

一生懸命、不登校の子どもと向き合い、見守ってるお母さん達がたくさんいる。

通院したり、別の居場所を探そうとする。

私が知ってるお母さん達はそうです。

 

原因がない、背景が複雑な場合はドラマでは描きにくいですよね。

でも、実際には はっきりとした原因がなく 行きたくても行けない子もいっぱいいる。

子どもだけではなくて、親子で苦しんでいる家庭がある。

そういう親子も描いてもらえたら、もっと世間にわかってもらえるんじゃないかなと思いました。

関連記事

読んでほしい|学校に行けない理由がわからない子どもの相談に答えた記事

 

ドラマを見ると、不登校は家庭や学校内のいじめなど わかりやすい原因がある。

その原因を探り、学校と家庭が連携する。

そう思われるんじゃないかなって少し思いました。

そして、このドラマのように明らかに家庭に問題がある場合、児童相談所が介入できないんだろうかとも思いました。

 

不登校の子のクラスがあり、学校側は不登校をなくそうと奮闘する。

「STEPルーム」という不登校の子のための特別なクラス。

これも、学校に通う1つの方法ですよね。

 

こういう特別な教室、どれぐらいの学校に実際にあるんだろう。

教室も先生も別で必要になる。現実的には足りてないんじゃないかな。

だから、担任が担当する。負担となる。

娘の学校にも不登校担当の先生はいたけれど、会ったこともないです。

不登校の子の気持ちがわかる人が学校にいたらと思う。

 

人目を気にする子は登校すること自体がハードルが高い。

みんながいない夕方登校をしている子、適応教室など別の場所に通っている子もいる。

その子たちは学校への復帰のためだけじゃない。

今回のような家庭に居場所がない子には必要です。

でも、不登校となり、学校側が0を目指す。ちょっとひっかかっちゃいました。

 

学校という場所にこだわらず別の居場所を作る。

イキイキといられる場所であればいいと思うんです。

心が疲れて自宅で休んでいる子ども達は動けるタイミングがある。

子どもによっては休んでもいいんだと。

必ずしも不登校0にしなくてもいいと思う。

 

中途半端でも関わってくれる人はいた方がいいんじゃないかな。

とことんじゃなくっても、味方、理解してくれる人がいるってだけでも違う。

 

心から寄り添える大人が先生となる。同じ目線で話す。こんな先生がいたらいいと思う。

辛い経験をした人が生きようと言ってくれる。それで救われる子がいる。

 

「生きよう」このメッセージは本当に大事だと思います。

ただ学校に行っていないだけじゃなくて、死にたいって思う子もいる。

生きる価値、意味がわからなくなる。そこまで追いつめられる命の問題です。

 

追いつめられて、何も考えられなくなる前に

「生きよう」「生きていてほしい」このメッセージが伝わってほしい。

 

いろいろ書きましたが

佐藤二朗さんのような先生が近くにいたら きっと子どもは変わる気がします。

環境、出会う人によって変わる。

家にずっといたら出会えない。だから、外に出てほしいって思うんだよね。

ひきこもり先生の見逃し配信と再放送情報

ひきこもり先生を見てみたいけれども逃してしまった方

NHKプラス

放送中から終了後1週間はNHKプラスより、スマホやパソコンから見逃し配信が見れます。

受信料を支払っていれば追加料金なしで、ID登録すれば見れます。

NHKプラス

再放送

NHK総合1 水曜日 午後11時40分~

第1話 6/16、第2話 6/23

ひきこもり先生 再放送予定

エリアを選択してください。

動画配信

NHKオンデマンド

 

U-NEXT でも視聴できます。

無料登録してポイントを使って見るとお得。