これまでの経過はこちら

子どもの言葉|自分がどう思うかより、人がどう思うかの方が大事なの

人にどう思われるか

今回は娘に言われた言葉で印象に残った言葉のお話です。

 

美容院に行けない娘のために、私がセルフカットしました。

言われたように一応切ったつもりなの。

でも、前髪の横の部分がイメージと違ったみたいで。。。。

ここがこんな風になるとは思わなかった…ブツブツ(´Д`)

え!?そんなおかしくないんですよ。旦那さんが見ても変じゃないと。

 

でも、娘はなんかおかしいとネットで画像検索しまくった。

こうやって、検索するんだよね。人と違うのが嫌だから。

検索の画像には 確かに、そんな髪型もある。

けれど、自分には似合ってないって落ち込んだ。

 

ここを切ってって言った自分が悪いんだと自分を責める。

いつものブルーな状態にスイッチが入っちゃった。

 

うーん。めんどくさいでしょ。

「大丈夫。変わったかどうかも気づかないレベル。」

「自分がいいなら、それでいいじゃん。すっきりしたし、可愛いよ!」って言いました。

 

その時に娘から帰ってきた言葉がこの記事のタイトル。

「自分がどう思うかより、人にどう思われるかの方が大事なの!」

 

ズバリ、直球だよね。こうやって、心の状態を口にするようになった。

娘の気持ちがよくわかるようになりました。

 

すべてが、この考えに行きつく。

いかに、人の目、周りの目を気にして生きてきたか。

人と違うことを恐れて、周りに必死で合わせてきたか。

自分の気持ちを我慢してきたか。

 

ちょっとした言葉でも過剰に反応した。

それで疲れきっちゃったんだよね。

だから、人の視線が怖くなったのかな。

 

人(他人)は自分が思ってるほど気にしてないんだよ。

こうなる前から、そう言ってきたけれど、ダメなんだ。

 

繊細で敏感な子。気にしすぎだよって言われても、気になるんだから仕方ない。

HSCの子に気にしなくてもいいと言っても無理。

 

もっと、自分が違う育て方を、違う声かけをしてきたら違ったかもしれない。

私がおおらかにしていたら、繊細にならなかった。何度もそう思いました。

 

もっと気楽に、考えすぎず、自分の好きなように生きれたら。

自分は自分。人は人。そう割り切れたら。

どれだけ楽なことか、そう思ったできごとでした。

 

※人が怖い、視線が怖い症状は社交不安障害の症状と言われています。
娘は不安障害と医師に言われています。