100人以上の不登校体験談

悲しいニュースから思う不登校と虐待|検診・児童相談所の介入の必要性

不登校と児相

不登校となって、学校の一括の健康診断は負担です。

でも、必要だとは思っています。

不登校となると健康状態が心配なのは事実。だから通院しています。

同じように児童相談所の介入も時と場合によっては必要だと思います。

 

ただ、娘のように病院に頻繁に受診している場合もあります。

カウンセリングも受けている。

その場合は、診断書の提出等で考慮していただけたらと思う。

形式的ではなく、臨機応変に対応してもらえたら。

それだけで、不登校の子どもの親の負担は減ります。

 

学校の長期欠席が続き、検診等にも来ない場合、疑われるのは虐待、育児放棄です。

思い出すのはこのニュースです。

参考 不登校で「虐待の恐れ」2893人 政府の緊急点検結果朝日新聞デジタル

この事件のあと、国が動きました。

一部抜粋します。

PTは子どもが学校を長期欠席しているケースを緊急点検した結果を公表。文科省は2月1~14日に一度も登校していない18万7462人を調べ、虐待の恐れがあると判断し、児相や警察に情報共有したのは2893人、面会ができず「虐待の可能性が否定できない」として情報を共有した子どもが1万849人に上った。厚生労働省は全国の児相が虐待の可能性を認識し、2月14日時点で在宅生活を見守っていた子ども3万7801人を調べ、延べ206人について一時保護などの対応をとった。

 

2週間一度も登校していない場合(別室、適応教室などにも)

これに当てはまる時期がありました。

虐待の可能性はやはり疑われる。否定できなければ一時保護となる可能性もある。

 

不登校となってからの方が、以前より子どもと向き合っています。

子どもをなんとかしたい。守ろうと必死です。

それなのに、こう思われるのは悲しいですね。

 

でも、一時保護されて、守られる命がある。だから、必要だと思います。

ただ、不登校 = 虐待や育児放棄 のような認識は違う。

繊細で学校に行きたくても行けない子もたくさんいる。

自分を守るために不登校となっています。

親は放置しているわけではなく、見守っています。

 

学校から逃げて家に居場所を求めている場合もあるけれど

虐待などで家に居場所がない場合もあって、その場合は学校が逃げ場所となる。

よく、いじめられたら無理に学校に行かなくていいと言う。

その場所さえ、いじめなどで行けなくなったら、子どもの居場所がなくなってしまう。