100人以上の不登校体験談

出席扱いとなる教育支援センター(適応教室)・フリースクールの経験談

この記事では、募集した体験談を紹介します。

 

書いてくださった方本人
不登校となった時期
きっかけ
その後の進路など
学習方法オンライン学習

ハム鉛筆

不登校でも平気だったのは、教育支援センターに通っていたからです。

 

今はオンライン学習の教材が充実しているので自宅で学習できます。

 

学校にこだわらなくても勉強はできます。

 

 

出席扱いとなる自治体運営の教育支援センターと民間がやっているフリースクールどちらにも通いました。

 

大きな違いは学校に戻すことを前提にしているかどうかです。

 

どちらにしても大切なことは子どもの居場所を作ってあげることです。

葉っぱ区切り線

 

適応教室は知っていたのですが、教育支援センターは聞いたことがなかったので調べました。

 

適応指導教室(てきおうしどうきょうしつ)、または教育支援センターは、市町村の教育委員会が、長期欠席をしている不登校の小中学生を対象に、学籍のある学校とは別に、市町村の公的な施設のどこかに部屋を用意し、そこで学習の援助をしながら本籍校に復帰できることを目標に運営している教室である。

ここに参加していることは学校への出席として扱われる場合が多い。担当者は、市立の小中学校の教員か、もしくは退職した元教員をあて、定期的に精神科医、もしくは臨床心理士がカウンセリングを行う。但し、ここではうまくいかず、民間のフリースクールやフリースペースに移っていく例も多い。

引用:Wikipedia 適応指導教室

 

自分の住んでいる市は適応教室。調べたら、県に4つの教育支援センターがありました。

 

自治体、市によって違うんですね。

 

呼び方は違いますが、Wikipediaの説明だと同じです。

 

目的は、体験談にもあるように元の学校に戻すこと。

 

教育委員会が設置していて出席日数にも反映する。

 

民間のフリースクールとの大きな違いはそこですね。

 

ただし、今は考えたかが変わってきています。

関連記事

教育機会確保法|学校復帰以外の目標・不登校の休養と意味・社会的自立

 

どちらが向いているかは、子どもの状況、気持ち次第だと思います。

 

不登校になったって、学校に変わる居場所ができれば引きこもりにはなりません。

 

家族以外の人と関わった方が本人にも親にとってもいい。

 

今の学校は無理だけど勉強したい。他の人と関わりたい。新しい環境で通ってみたい。

 

そんな気持ちがある子には適応教室やフリースクールは合っていると思います。

 

心が疲れ切っている子は、まずは自宅でゆっくりと休む。

 

でも、そうしている間にタイミングを失ってしまうことも。

 

学校に行かなくても 子どもの居場所は必要だと思っています。

 

なお、適応教室や教育支援センターは義務教育である小中学生が対象です。

 

高校の場合はないと思っていましたが、学校内に適応教室がある体験談もありました。

関連記事

不登校に理解のある個別指導の高校に転校・大学へ進学した経験談

管理人より

 

他にも、たくさんの経験談を紹介しています。
まとめ記事はこちらです。

不登校とその後の進路|本人・家族・関わった方の体験談