100人以上の不登校体験談

不登校となってからの教材費・PTA会費・生徒会費・積立金の支払いは?

給食費は停止することができる話をしました。

関連記事

不登校の給食費事情|停止できる?支払う必要がある?返金対応はあるの?

 

学校からの引き落としはそれだけではありません。

月初に約10,000円の引き落としがあります。

当月分を月初に先払いとなっています。

 

その内訳の約6000円は給食費。

あとは積立金3,000円。これは修学旅行の費用ですね。

約60,000円を少しずつ積み立てています。

(修学旅行は不参加となり返金されました。)

関連記事

不登校の子の修学旅行|参加、同伴、途中合流、不参加の選択肢や返金について

 

PTAやら生徒会費等で1,000円。プラス、時々教材費です。

給食費と修学旅行のための積立金がほとんどですね。

この教材費は申告すれば停止することができます。

PTA会費は脱退しない限りは必要だと思います。

関連記事

不登校児の親のPTA活動|役員決めのクジ引きは免除してもらえない?

 

教材費は問題集のような副教材、実技の材料など。

これは、夕方登校の時にいただいています。

例えば、版画のキットをもらいました。

掘りましたが授業に出ていないので未完成のままですね。

 

そんな状態ですが、みんながどんなことをやっているか知りたい。

なので、わが家は全額支払っています。

時々、返金されるのが調理実習の材料費。模試などテスト代。

数十円ですが律儀に返金されます。

事務手続きの方が大変そうで申し訳ないです。

 

卒業アルバムの撮影は個人ど部活のみ参加しました。

購入するかどうかは家庭の判断だと思っていましたが、自動引き落としで購入となりました。

関連記事

不登校の卒アル問題|卒業アルバムの集合・個人写真の撮影はどうする?

 

不登校となってからも、学校への支払いは わが家は変わっていません。

しばらくは 心に余裕がなくて、お金のことまで考えませんでした。

最近、そういえばって感じで調べました。

少し余裕ができたというか、今までの「当たり前」の概念が変わってきたからかな。

 

お金の部分は、担任、学校によっては話してくれる場合もあります。

うちの学校は、基本的にはこちらから話さないと言いづらいのか話はありません。

Twitterで知り合ったお母さん達と話していて、市、学校によって違うのだと思いました。

 

長期となると、お金の部分は大きいです。

時期を見て確認するといいかもしれません。