100人以上の不登校体験談

高校で不登校・休学した体験談|40代となった今思う原因は燃え尽き

この記事では、募集した体験談を紹介します。

 

書いてくださった方本人
不登校となった時期高校生
きっかけ環境の変化、燃え尽き
その後の進路など
学習方法

ハム鉛筆

現在は40代後半で子どもを持つ既婚女性です。

 

古い話で申し訳ないのですが、自身が高校生の時に不登校を経験した時のことと、その原因についてお話をします。

 

当人の経験談ということで参考になると幸いです。

 

 

頑張って受験勉強をして入学した憧れの高校は、1週間ほどで行くのが嫌になり 不登校になりました。

 

理由はとにかく勉強、雰囲気、人間関係の何もかもが無理だと感じてしまったことです。

 

 

「親になんと言えばいいのだろうか」と悩む余裕も全くなく朝、布団の中で「学校に行けない」と言って泣きわめいてパニックを起こしました。

 

親はショックを受けたと思いますが、私の精神状態がよっぽど悪そうに見えたのか、登校を強要することなくその日は休ませてくれました。

 

 

その後、私は精神科に連れて行かれ検査を受け、1年間休学することになりました。

 

薬も処方されていたのですが自分が何かの病気なのかどうか、または病名があるのか、ということは教えてもらえませんでした。

 

 

不登校の原因は今思えば「燃え尽き」だった気もします。

 

すでに、中学生の段階で学校生活や受験のストレスがいっぱいいっぱいで、入学して環境が変わったときに、一気に疲労が出て燃え尽きてしまった感じです。

 

 

後で思えば、中学生の時に不登校になってもおかしくない感じだったので、その時にケアをしてもらえると嬉しかったと思っています。

葉っぱ区切り線

ものすごく参考になる経験談です。

 

適応教室や中学校の先生が、希望の高校に入ってすぐに不登校となる子も多いと話していました。

 

このお話、受験の部分は違いますが状況が似ているんです。

 

不登校直前、テスト勉強も頑張っていました。最後はものすごく必死に。

 

テストの翌朝に学校に行けないとパニックを起こしました。

 

その少し前から、体育の授業、部活での交友関係、そして勉強、いろいろと無理がきていたんだと思います。

 

たくさんの理由、きっかけがあったと思いますが、最後はこの「燃え尽き」だと思うんです。

 

疲れ切って心がからっぽになってしまった。燃料切れです。

 

少しずつ回復してきた娘を見て そう思っています。

 

1年、しっかりと休学されたんですね。それぐらい時間がかかる。

 

中途半端に行かせようとすると拗れる。

 

40代後半なので同世代です。

 

今ほど、理解されておらず、選択肢も少なく その決断をするのは勇気が必要だったのではないでしょうか。

 

ネットなどの情報もない時代です。親御さんは不安だったと思います。

 

それぐらいの覚悟が必要なんですよね。

 

そして、いつか こうやって自分自身に起きたことがわかって説明できるようになる。

 

医師から 燃え尽きの件もそうですが、そんな話をされました。

 

このお話を聞いて やっぱりそうなんだと思いました。

 

同じような経験をされた方が、今は結婚されて お子さんもいらっしゃる。

 

娘もいつか、こうやって話せるときが来たらいいな。

 

今は しっかりと心を休めることが大切なんだとわかりました。

 

【参考】未来の学校、ラジオ分室でも「慢性疲労症候群」について触れていました↓

未来の学校ラジオ分室|小児科医が語る学校恐怖症・慢性疲労症候群・登校拒否

管理人より

 

他にも、たくさんの経験談を紹介しています。
まとめ記事はこちらです。

不登校とその後の進路|本人・家族・関わった方の体験談