100人以上の不登校体験談

中3で不登校、通信制高校とサポート校を卒業、ネイルサロンの学校へ

 

私は中学校3年生の時から不登校になりました。

高校に行くのも怖かったので、通信制高校に行くことにしました。

きっと、年齢もまちまちで、学校という雰囲気ではないのではないかと思ったからです。

 

そして一緒にサポート校に通うことにしました。

 

サポート校は、結構狭くて教室は全部で3つで、教師の部屋などがありました。

途中から ちょっと離れたところにもう一つ学校ができて、行き来するのは結構自由でした。

好きなところでお昼ご飯を食べていました。

 

 

通信高校は正直、私と同じぐらいの年齢の人ばかりでした。

サポート校の子たちと一緒に行っていたので、結構学校という雰囲気が強かったです。

もっと年配の人などもいるのかな?と思っていたのですが、あまりいなかったです。

 

サポート校は一つの教室にだいたい15人ぐらいでした。

結構先生もしっかりとしていましたし、ちゃんと勉強を教えてくれている感じがしました。

制服もありましたし、私はそれがとてもうれしかったです。

みんなで制服着て、プリクラを撮りにいったことなどいい思い出です。

サポート校のおかげで留年などはすることなく、無事に高校を卒業できました。

 

それから、手に職をつけたいと思い、ネイルサロンの学校にいきました。

そして、その後ネイリストを経て、アパレル、化粧品販売などもしました。