100人以上の不登校体験談

起立性調節障害治療|薬・心理療法・運動・食事サプリ・着圧ソックスなど

起立性調節障害の薬

起立性調節障害と診断されてから、1年半が経ちました。

娘は低血圧タイプです。軽症でも重症でもない、その真ん中ぐらいでしょうか。

半年ぐらい薬を飲み続けていました。

今も通院していますが、診察と公認心理士のカウンセリングのみで薬は飲んでいません。

 

この記事は、これで起立性調節障害が治った!と言う記事ではありません。

通院、薬をはじめ、こんなことを試してきたよという内容です。

 

診断された頃の娘の起立性調節障害の症状

娘の場合は心身症としての起立性調節障害と言われています。

学校に行かなきゃいけない朝、午前中に症状が強く出ました。

楽しい時は出にくい。でも、仮病じゃないんです。本当に大変。

 

検査の数値でもしっかりと出ています。

この血圧の数値、差だと午前中は相当しんどかったと思うよと主治医に言われました。

特に 午前の体育、持久走は辛かったと言ってましたね。

いつからか、学校は無理して行かないといけない場所になったとも言っていました。

関連記事

学校生活で困る起立性調節障害(od)の症状・検査と診断について

 

具体的な症状としては

頭痛立ちくらみ(目の前に砂嵐)、ふらつき

食欲不振、吐き気、腹痛、下痢。

パニックのような症状も。過呼吸、動悸、息切れ。

生気がないというか、顔色が悪い。

耳鳴り。耳の違和感。

 

診断前には微熱も訴えていました。

特に首の後ろが熱いと言っていました。

体温を測ると37.0~37.5の間。足は冷たいんです。

もともと体温が低めの子なので、風邪気味なのかと思っていました。

あとから、緊張状態からの微熱だと言われました。

 

この記事を読んだとき、娘のことだって思いました。

参考 解熱薬が効かないストレスによる発熱 周囲の理解が改善のカギ 時事メディカル

引用すると、この部分です。

慢性的にストレスフルな状況が続く中で、38度前後の微熱が持続するタイプだ。仕事や家事、育児、介護など複数のストレスが重なって生じることが多く、成人によく見られる。自律神経が乱れやすい思春期の患者では、朝起きられないなどの症状を訴える起立性調節障害を併発しているケースも多いという。

 

そして、意識を失ったように眠り続けていました。

光や音に敏感だった子が全然起きなくなりました。

 

午後からはだんだんと元気になっていきます。

土日は比較的元気。友達といるときも元気。

長期休暇、コロナの休校中も調子は良かったですね。

楽しいことしてる時は元気。ストレスが少ないからです。

 

起立性調節障害と診断されてから1年半後の娘の状態

朝、午前中はやっぱり苦手です。朝はゆっくり。

午後にならないと調子がでないと言っています。

たまに、吐き気を訴える日もあります。

頭痛はめったにありません。立ちくらみは言わなくなりました。

 

不登校初期のような ひどい症状はなくなりました。

顔色も良くなってきました。頬がほんのりと赤い。

通信制高校に入学後、ゴールデンウィーク明けに少し症状が悪化した時期がありました。

まだ波があります。完治ではなくて落ち着いてきています。

うまく付き合っている感じでしょうか。

薬物療法|病院で処方された薬について

どんな薬を飲んでいましたか?

 

効果はありましたか?

ハム疑問

質問がありましたので、この症状に処方された薬と感想をここに書きとめます。

西洋薬と漢方薬の両方を処方されてきました。

 

西洋薬

カロナール

頭痛に対して鎮痛剤です。対処療法です。

 

メトリジン

血圧を上げる薬です。

朝起きてすぐに飲んでいました。

特に副作用は感じませんでした。

 

ドプスOD錠 ドロキシドパロ口腔内崩壊錠

交感神経に作用して、失神や立ちくらみを改善。

血圧を上げる。

 

あと、市販薬で乗り物酔いの薬を鞄にいれています。

吐き気がつらい。電車に乗るのが不安。

だから、気持ち悪くなった時にいつでも飲めるようにお守りです。

 

漢方薬

半夏厚朴湯

最初の数日だけで小建中湯に切り替わりました。

自律神経を整える。不安、緊張をおさえる。

めまいや動悸。不安神経症のための処方ですね。

 

小建中湯

これは小学校の頃にも処方されていました。

娘にはあっているようです。よく効きました。

吐き気が落ち着き、お腹調子がよくなる。

夜泣きにも効果がある薬で、寝つきがよくなりました。

関連記事

小学生の付き添い(母子)登校体験談|いじめ・カウンセリング・通院で解決

 

加味帰脾湯

よく眠れない、食欲不振。

 

酸棗仁湯エキスG

眠りやすくなる薬。

怖い夢を見る。眠れないと訴えていた時、寝る前に飲んでいましたが、お腹が痛くなることがあり やめました。

 

これらの薬の効果ですが、どれも即効性は感じませんでした。

少しずつ穏やかにきいていった感じです。

 

心理療法

心因性の場合、ストレスや不安をとることも大切です。

公認心理士さんとのカウンセリングを続けています。

ウィスクの検査も この公認心理士さんがしました。

1度目は私と面談。そのあとからは娘が一人で週1で1時間。

家族以外の人と ただ話をする。それが大切と言われました。

具体的な話の内容は知りません。内緒なんです。

たわいもないことから、今心配なことなどを話してるようです。

自分の気持ちを伝える。表現できるようになってきました。

あとは、自分の好きなこと、得意なことを褒めてもらえる。

自己肯定感に繋げていきます。

 

生活習慣の改善とグッズなど試してみたこと

生活習慣についても指導を受けました。

医師が言ったのは運動と生活サイクルですね。

他にも調べて色々と試しました。

規則正しい生活と光時計

外に出られなくても部屋に日差しをいれる。窓際にいるだけでもいいと言われました。

カーテンを開けて寝ていました。

光目覚まし時計は今も毎日使っています。

光目覚ましinti4(起立性調節障害)

 

ただですね、不登校となると生活サイクルを整えるどころじゃなくなっちゃうんですよね。

そもそも、早起きできない病気ですし。

朝が遅くても、なるべく0時には寝る。深夜にスマホ、ゲームはしないようにしました。

それが限界。規則正しい生活は無理ですね。

 

適度な運動・ヨガ・整体・呼吸法

医師から 散歩を15分するだけでいいと言われましたが、娘は嫌がりました(^^;

リングフィット、ステッパー、ずぼらヨガ、ヨガボール。

一番やったのはリングフィットですね。最後まで行きました。

次はヨガボールかな。時々 気が向いたらですね。

ステッパーはふくらはぎのポンプを鍛えるのに良いと聞きました。

 

私が一番、自律神経を整えながら体の緊張がほぐれると思ったのは ずぼらヨガです。

この本、自律神経についてのイラストがわかりやすいんです。子どもも納得する。

猫背になると悪化する。背中の横の緊張をとると楽になります。

時間を見つけてはやっています。

 

整体も効くと言われてますよね。ただ、子どもを連れていくの大変だし、費用もかかる。

自律神経を整える動画が配信されています。

おすすめは、のむら接骨院の自律神経失調症30秒セルフ整体。1日1回です。

呼吸法もよくやっています。手軽にできますよ。

 

食事|水分・塩分・たんぱく質・鉄分・サプリなど

水分、塩分を多めにとるように。味噌汁は食事ごとに出しました。

卵料理が増えました。藤川式の栄養療法をしました。

 

たんぱく質・鉄分のサプリ。プロテインを飲んでいた時期も。

 

私自身は鉄分がものすごく関わっていると思っています。

自分自身が子宮内膜増殖症で過多月経。貧血です。

鉄分が知らないうちに不足していて、その頃、精神的にもかなり不安定に。

疲れやすいんです。やる気がでない。

鉄剤注射、鉄剤を処方された時、元気になったんですよね。

ものすごく変わった。鉄分不足は心に影響する。

 

サプリのキリツテインを飲んでいた時期もあります。

本格的に薬を飲む前です。鉄分も補えます。

 

着圧ソックス、足枕など自律神経を整えるグッズの利用

血流改善に着圧ソックスが良いとされています。

 

着圧ソックスとはちょっと違うんですが、同じように ふくらはぎに圧をかけるのに使っていたものがあります。

これは、もともと私が在宅ワークで足がむくみやすい時に横になっては使っていました。

足を高くできることと同時に、自分の好きな締め付け具合にマジックテープで調節できます。

履いたり脱いだりの大変さもないです。ビーズクッションのような肌ざわりです。

 

娘が横になっている時に足に巻いてあげたら気持ちよさそうにしていました。

子どもは着圧ソックスの締め付けが苦手です。

ずっとつけていなくてもいいし、短時間で効果があります。

 

リラックス、眠りやすくするためにアロマを利用。

自分の好きな香り、気分が落ち着くものを選んでいました。

 

ホットアイマスクは寝る前の習慣としていました。

そのまま寝ている時もあって、薬以上に効果があったかも。

タイマーで自動的に切れるものがおすすめです。

 

自律神経を整えるCDも時々流していました。

 

瞑想、マインドフルネスの本も何冊か購入しました。

これは私が読んでいました。

 

まとめ

改めて こうやって書くと、本当にいろいろ試しましたね。

なんとかして、自律神経を整えようとしました。

もう、藁にもすがる気持ちでした。

 

まぁ、娘自身が気に入ったもの以外は なかなか続かないのが現実です。

なので、子どもさんが続けやすい合ったものであればなんでもいいと思うんです。

実際に症状が軽くなった、リラックスできる方法で。

 

医師、薬との相性もありますし、薬の効果は生活習慣などを同時にやって効果が出る気もします。

 

ちなみに、更年期障害 真っ只中の私も自律神経が乱れています。

娘の症状と似てる部分もあります。

自律神経を整えることを意識するのは私にとっても良かったと思います。

ただ、塩分だけは多く取れないので、味噌汁は飲んでません。

高血圧なので別で薄めたりしています。そこだけ注意しています。

 

子どもが不登校となると親も鬱になりやすいです。

一緒にやると予防にもなります。親のメンタルも大事です(*^-^*)

参考になる情報があれば幸いです。

 

試したことについては、いくつか記事にしています↓