100人以上の不登校体験談

元気でいてくれたら、笑顔を守ろう|不登校となり戻った育児の原点

最近 思うこと。育児の原点に戻っているんじゃないかって。

今、できることを一つずつ大切にして 成長を見守る。

そんなすごいことじゃなくって、ただ 戻っただけかなって。

赤ちゃんの頃、自然とやっていたこと。

 

カウンセリングで小さい頃の話を聞かれることもあって、振り返ることが多い。

娘は結婚7年目にやっと授かった子。

その前に流産していたこともあり 不安でいっぱいだった。

だから、不安症が遺伝しちゃったのかな? ごめんね。

 

元気に産まれてくれた時は本当に嬉しかった。

私の人差し指を手のひらに乗っけたら、ギューッと握り返してくれた。

初めて笑った時、この笑顔を絶対守るんだと思った。

.

退院してから、よく泣く子だった。

夜泣きもひどくって途方にくれたこともあった。

昼夜逆転している時期もあった。

ほんとうに寝なくて、いつも睡眠不足だった。

 

なんで泣いてるんだろう。どうして泣きやまないんだろう。

時には耳をふさぎトイレにこもった。気づいたら、すやすや寝ていた。

明けない夜はないって言い聞かせていた。

 

母乳やミルク、なかなか飲んでくれなかった。

離乳食もあまり食べない。お医者さんに相談していた。

人見知りで、人が多い輪には怖がって入って行けなかった。

いつも、私の後ろに隠れていた。

 

周りの成長と比べて、ちょっと遅いんかな?って不安になってた。

周りが先にできると焦ってたね。

どうして、みんなと違うのかなぁって。この考え方が間違ってたと思う。

繊細だから、この気持ちを察知して必死でまわりに合わせてきた。

 

成長するにつれて、まわりと同じようにできることが増えていった。

手がかからなくなっていった。喜んでいた。

そしたら 欲ばりになったね。

周りと比べて もっと頑張らせようと。もっとできる子だって。

そんな時に 起立性調節障害、不安障害、不登校、ひきこもりとなった。

 

食べなくて 夜もあまり眠れなくなった。

学校という集団行動、大勢の視線が苦手。

よく泣いてる。どうしてこうなったの?って。

 

私にも本人にも はっきりとした理由はわからなくて。

どうしたらいいの? 見えないトンネルに入ったよう。

あの頃のように 泣いている娘を前に 不安で おろおろした。

子どもを安心させられない母です。変わっていないね。

 

そして、今は 生きててくれたらいい。

元気で笑ってくれたらって、そう思うようになった。産まれた時と同じ。

育児日記に毎日 初めて できたことを書いていた。

大変なこともあったけど できたことを喜んでいた。

 

不安障害となって、以前にできていたことができなくなった。

また、一つずつできることを喜べばいいんだよね。

子どもは必ず成長するんだから。きっと変わる。

この笑顔を守る。何があっても。明けない夜はない。