100人以上の不登校体験談

不登校の子に対して親が寄り添う・受け入れる・見守る・信じること

どのサイトにも書いてありますよね。

不登校になった時に親が取るべき対応。

・子どもの気持ちに寄りそう。

 

・子どものことを信じて見守る。

 

・子どものすべてを受け入れる。

これをまとめると、気持ちに寄り添い受け入れて信じて見守る。

という一文になります。

これができるって神レベルに感じません?

医師も養護教諭も適応教室の先生もみんな同じことを言いました(*^-^*)

 

不登校になり始めた時は、とてもじゃないけれど、そんな風に思えなかった。

ただ、見守ってたらずっとこのままじゃん。

ただただ しんどい。解放されたい。今すぐに。

そんなんじゃなくて、具体的な解決策を教えてよって思いました。

ハム考える

 

学校に復帰できる方法を探していました。

復帰するために通院していました。

目的が学校復帰、不登校の解決は再登校すること一択。

めちゃくちゃ焦っていましたね。

関連記事

不登校になってから目指した親子のゴールの違い|視点が切り替わった日

 

不登校が解決したブログやサイトを必死で探していました。

見守るって書かれていると、解決法がないように感じて落ち込んだ。

何もできないってこと? 放置しろってこと?

 

そして、今 私も、そう書いてます。その立場になりましたねぇ。

でも、簡単ではないこともわかっています。

何もしないわけではなくて、学校との対応、通院、生活習慣・・・

いろいろと試行錯誤しています。

ただ、心構えとしては、やっぱり ここにたどり着くんですね。

 

子どもの急激な変化を受け入れることができなかった。

つい最近まで、できていたことだから。

気持ちに寄り添いたくても、わけがわからない。

わからないんだから、寄り添えない。

 

親も学校の対応でいっぱいいっぱい。

最初の頃は電話、呼び出しと忙しい。

たまったプリントも取りに行かないといけない。

もうね、しんどいんです。親にも時間が必要。

少しずつ 親の気持ちも必ず変化していきます。

 

本当に不登校を受け入れたのは、子どもが「死にたい」って言ったとき。

その前から口にしていました。

ただ、いつもとは違う。怖くなったときがあった。

関連記事

子どもが死にたい(希死念慮)と言ったら|主治医の言う親の返答を紹介

 

学校に行くことよりも、生きててくれたらいい。

そう思った時に、すべて受け入れる覚悟をしました。

そして、少しずつ子どもも変化していきました。

 

子どもの不登校のパターンってたくさんある。

解決方法はそれぞれ違って、解決方法なんてないのかもしれない。

時間とともに成長するだけ。親も子も。

 

子どもの気持ちに寄り添い、受け入れて、見守る。

簡単に言うけれど本当に難しい。

何もしないんじゃなくて、今までやってきた干渉、プレッシャーをやめるる

接し方を変えてる。ちゃんと何かしてるのね。

 

不登校になって、親子関係からやり直している気がします。

焦れば焦るほど、結果として遠回りになってしまうんです。