100人以上の不登校体験談

高校で子どもが不登校|自治会主催の親の会に参加し精神的に楽に

 

子どもが高校で不登校経験がある、母親です。

 

私が精神的に楽になったのは、自治体の親の会に参加したことです。

 

実際不登校経験がある親が集まった、座談会のような形です。

 

決まりきった堅苦しいものはなく、話を聞いてくれます。

 

自治体が主催しているので、公民館などの施設で行います。

 

教師や心療内科の先生も、交代で来てアドバイスをしてくれます。

 

アドバイスといっても、結果的には本人の意思を大事にしようという結論でした。

 

居場所についての情報もあり、学校へはいけないけどフリースクールなどは参加できるという情報もわかります。

 

受験に関しても、出席日数がなくても高校に進学できたというお話も聞けました。

 

まずは、母親が精神的に安定することが一番です。

 

不登校になると、家族がどうしても暗い雰囲気になりますがそれは子どもにとってもマイナスです。

 

特別なことをする必要はなく、夏休みと同じような気持ちで過ごすのが一番です。

 

子どもも、学校に平日いけないことはかなり気になっています。

 

なので、土日や夜なら安心して外出できます。

 

このような気持ちの変化を大事にして、攻めるようなことは絶対言ってはだめなのです。

 

今は相談機関も増えているので、足を運んでみるのがいいでしょう。