100人以上の不登校体験談

繊細・真面目・完璧主義(0か100か思想)の子どもに生きにくい世の中

0か100か思想

気になる言葉

「繊細」「感受性が強い」

「優しい」「気配りができる」

「真面目」「完璧主義」

 

この言葉ってほめ言葉だよね。

この言葉を体現する人は周りに迷惑をかけない良い人。

親や学校にとっても良い子。

 

でも、最近、良い意味ではなく、心配になる言葉に変わった。

 

娘がずっとこう言われてきた。

繊細。感受性が強い子。

優しい。周りに迷惑をかけない子。真面目。

 

妥協を知らない。0か100で真ん中がない。

完璧主義だと、できないことが多い。

それは自己否定感に繋がっていきます。

 

周りを気づかい自分を出さない。

自分の意思を通さない。我慢する。断れない。

 

繊細だから周りに敏感。

自分のことのように感情移入する。

周りに合わせようとする。人の目を気にする。

できてるから、周りは期待する。心配ないと思う。

けど、期待に応えられなきゃ これも自己否定感となる。

 

医師にこの子は緊張が強いと言われました。

いつも緊張している。身体も心も張りつめている。

 

疲れ切っちゃうんだよ。

うまく息抜き、手抜きの方法を知らない。

 

今はネット、SNS、LINEで24時間繋がることができる。

人がどう思っているのかがわかる。

 

クラスLINEがある。教室外でも学校と繋がる。

容易に繋がることもでき、そこからはずれることもある。

入っても入らなくても悩みの種となってしまう。

 

誰かがどこかで非難して、それに同調する。

関係ない人まで攻撃していいる。

簡単に傷つけることができて、それを目にすることができる。

 

自分のことのように感じてたら 心がもたない。

どう対処していいのかわからない。

とても生きづらいと思う。

 

気配りのできる優しい子に育ってほしい。

人の気持ちがわかる子に。そんな風に育ててきた。

 

けどね

もっと鈍感でいいんだよ。自分を一番に考えていいんだよ。

サボっていいんだよ。失敗してもいいんだよ。

そんなに考えなくてもいいんだよ。

テキトーでいいんだよ。

そしたら、できている方にもっと目が行くよね。

自信がついてくる。

 

その方が、今の世の中 生きていきやすいよね。

生きていることが一番大事だから。

それこそが生き抜く方法なんじゃないだろうか。

今になって そう思う。

 

カズレーザーさんは「頑張らなくていい」と言っています(*^-^*)

この考え方ができたら楽になりますね。