100人以上の不登校体験談

効果や費用は?不登校・発達障がいの子向け教材すららの特徴と口コミ紹介

すらら体験談

すららは、自宅でPCやタブレットを活用するデジタル教材です。
(専用タブレットはいらないので気軽に始められます。)

そして、不登校向けのICT(オンライン)教材として注目を集めています。

ポイントは「出席扱い」ですね。

不登校児の親としては気になりますよね。

この記事では、不登校向けと言われている特徴に絞ってまとめました。

実際に使ってみた方の口コミも紹介していきます。

自分の口コミが書けたらいいのですが、娘の場合は出席扱いとできませんでした。

そのあたりのリアルなことも書きますね。

 

この記事の内容
  • オンラインICT教材 すららの口コミ
  • すららが不登校や発達障がいに向いている点
  • すららの出席扱いについて
  • すららの特徴や費用を簡単説明

 

 不登校児向け教材
すらら公式をチェック
まずは資料請求・無料体験

2021.6月入会でクリアユニットキャンペーンをしていますよ。

クリアユニット数でAmazonギフト券プレゼント中

すららは出席扱いになるって本当?内申点・評価もつくの?

すらら1

引用:すらら公式

 

不登校の子供たちのオンライン学習として、新聞などメディアで紹介されています。

最大の特徴は

条件を満たすと小中学生の出席日数・評価として認められるICT教材

出席としてカウントされ、内申書に反映できるよってこと。

中3だと、この出席日数が進路に影響してきます。

すらら2

 

引用:すらら公式

実際に 出席となり、志望校に合格した例が紹介されています。

HSCの中学3年生の子の例です。
娘もそうですが、HSCの子にも向いている教材ってことですね。

すらら3

引用:すらら公式

関連記事

教育機会確保法|学校復帰以外の目標・不登校の休養と意味・社会的自立

 

教育機会確保法ではICT学習を認めています。

すららは、文科省の基準を満たした教材です。

どうやったら、出席扱いにできるの?

 

ハム疑問

 

学習管理画面をプリントアウトして、学校側に提出することで認めてもらえます。

前提として7つの条件を満たす必要があります。

7つの条件
  • 保護者と学校の連携
  • ICT・郵送・FAXを活用した学習活動
  • 訪問の対面指導(学校側)
  • 学習の理解の程度を踏まえたプログラム
  • 校長、学校側が学習状況を把握
  • 学校外で指導を受けられない場合の学習
  • 評価は学校の教育課程に照らし判断

 

これね、先生方が知っていて、前例があればスムーズにいきます。

逆に言えば、前例がないと保護者が動かないといけません。

評価に関しては話し合いが必要です。

 

コロナの影響でオンライン授業を出席にする自治体が出てきています。

関連記事

コロナ不安(自主休校)はオンライン授業ライブ配信|不登校児の除外問題

2020/8/27 経済産業省のEdTech導入実証事業の補助金交付が決定。
672校の約25万人の生徒が、すらら、すららドリルでの学習を開始すると発表。

「EdTech導入実証事業」は、EdTechを学校などに導入実証する事業者に費用の一部を補助する制度。学校や教育委員会などの費用負担を軽減することで、EdTechを導入しやすくし、教育のイノベーションにつなげるのが目的。

参考 AI×アダプティブラーニング「すらら」、経産省EdTech導入補助金の交付が決定ICT教育ニュース
MEMO

2012年教育部門最高峰の日本eラーニング大賞 文部科学大臣賞を受賞

文部科学省、経済産業省 お墨付きの信頼できる教材

不登校児向け教材
すらら公式をチェック
まずは資料請求・無料体験

 

費用は高い?無学年式で遅れた部分・得意な部分をマイペースに学習

すらら4

引用:すらら公式

ココに注目!
  • 無学年方式(小学1年生~高校3年まで)
  • 偏差値30~65
  • オーダーメイド学習
  • リーズナブルな料金体系

不登校が長期化した場合、学年、また小学校~中学校、中学校~高校とまたぐこともあるでしょう。

毎月届くコースは通学している子の進捗ベースに考えられています。

どこから手をつけていいのか もはやわからない。

結果、やらないとたまっていくなんて経験があるのではないでしょうか。

 

すららには学年の垣根がありません。さかのぼったり、進んで学習することも可能。

範囲が広い分、高価なのでは?

いくら良い教材でも、費用が高ければ続けられませんよね。

 

  • 料金は月額8,000円~。
  • 自宅のPC、タブレットが利用できます。
  • 入会金はキャンペーン中は無料!

他の教材だと学年が上がるにつれて、高くなります。

小学校1年と高校3年だと料金にかなり差が出ます。

すららは小中コース、中高コースと料金が同じなんです。

とても良心的な設定です。やる気のある子にとってはすごくお得です。

 

塾や家庭教師と比較すれば、かなりお値打ちです。

2020年8月時点の費用例です↓

支払方法は、月払いと4カ月継続コースから選択。

(入会金のキャンペーンは終了しています。2021.6 クリアユニットチャレンジキャンペーンをしています。)

すらら5

引用:すらら公式

 

AI掲載型ドリル方式にオーダーメイド。

このみんなと同じじゃないって大事。

苦手な部分をさかのぼるだけではなく、得意を伸ばすことができます。

英語が得意なら学年を超えて勉強することもできます。

不登校児向け教材
すらら公式をチェック
まずは資料請求・無料体験

 

学校・学習塾・適応教室・放課後デイサービス・通信制高校でも採用

すららは

  • 全国の174の学校
  • 817の学習塾
  • 放課後デイサービス(2020年100施設を突破)
  • 不登校児が通う適応教室
  • 通信制高校

など、多くの教育機関で採用されています。

適応教室、通信制高校には不登校の子どもが多く行きます。

そこで、教材として採用している実績があります。

 

学校、教育委員会との連携がどんどん進んできています。

これからに期待できる教材ですね。

 

孤独にならない工夫|楽しいゲーム感覚の対話型デジタル教材

すらら6

引用:すらら公式

ココに注目!
  • 先生がキャラクター、声はプロの声優
  • アニメーションの対話式
  • ゲーム感覚で楽しい
  • 仲間と刺激しあいながらできる

エールを送ったり、スタンプを使ったり、仲間と一緒にゲーム感覚で続けられる。

ゲームやチャットの世界に入り込む、今の子どもの心理をよくとらえていると思います。

 

小テストと定期テスト|いつでもオリジナルテストを受けて診断可能

すらら7

引用:すらら公式

 

不登校となり、定期テストに参加できない子もいます←うちの娘(^^;

テスト勉強、時間内に解くこと・・・いろんな感覚がなくなっていきます。

すららは、自分で範囲と時間を設定、自分で小テストや定期テストを作れます。

これも画期的だと思いました。

テストって嫌だよね。やらされるより自主的に作る方が やる気がでます。

 

結果がすぐに出るのもいいです。すぐに復習できます。

学力診断もあるので、自分の位置を把握できます。

ちゃんと成果を確認できるのは自信につながりますよね。

ハム鉛筆

 

不登校の心理やHSCに詳しいすららコーチが親子をサポート

すらら8

引用:すらら公式

ココに注目!
  • 担任のような役割のすららコーチがいる
  • 特性をヒアリングしてから学習をスタート
  • 不登校・発達障がいについて理解があり、心理面までサポート

すららコーチは現役の塾講師です。

出席扱いに関しても、すららコーチに相談できます。

通信教材なのに、塾の講師からアドバイスももらえる。

通信教材+相談(カウンセリング)だと思えば、とてもコスパが良い教材です。

 

不登校ならではの悩みにも対応してもらえるのは心強いですね。

 

すららは発達障がい、ADDやADHDの子どもの特性に合わせた教材

すらら9

引用:すらら公式

 

発達障がいのある子どもたちの自宅学習としても最適と言われています。

不登校の背景に発達障がい、二次障害が見つかることもあります。

診断はされていなくても、繊細な子、なんとなく特性を感じている親御さんもいるでしょう。

すららは、ASD、ADHDの子たちの特性に合わせ、集中力を切らさず勉強できるよう工夫されています。

 

学校という集団、環境が合わなくて不登校となっている子にとって、無理のない学習方法を見つけることが大切です。

 

ウィスク結果の特性に触れた口コミもありました。

すらら10

引用:すらら公式

 

能力に凹凸がある場合、聴覚、視覚優位など、特性をうまく導けば 効率よく成果につながります。

すららは、「見る・聞く・書く・話す」の様々な感覚より記憶しやすい工夫がされています。

特に低学年コースは発達障がいの専門機関と共同開発しています。

 

今、子どもの特性に合わせた学習が注目されてきています。

関連記事

遺伝子検査で子供の潜在能力を伸ばし自己肯定感を高める|口コミ体験談

不登校児向け教材
すらら公式をチェック
まずは資料請求・無料体験

 

デメリットは?3教科から5教科へ・理科と社会が追加

メリットばかり紹介してきましたが、気になった点もあります。

特定の教科書準拠ではないこと。

文部科学省の学習指導要領には対応していますが、特定の教科書の項目配列に準拠しているわけではございません。ただし、英語・数学については多くの学校様で採用されている教科書について、すららのユニットとの対応表をそろえておりますので、こちらを活用いただくことで学校の授業の進捗に合わせた学習が可能です。

引用:すらら公式

よくある教科書にそった学習方法にこだわる方には向いていません。

以前 調べた時の疑問

3教科しかない?

企業理念として、暗記科目ではない 主要3教科に絞っていたわけですが、理科や社会が得意な子もいますよね。

できたら、5教科がいいと思う家庭もあると思います。

受験対策としても、3教科だと もの足りないですよね。

 

2020年4月、理科と社会が追加されました!

これも、ただの暗記学習ではなく、ストーリー学習となっています。

すらら11

 

聞いてみました!すららを1年利用したリアルな口コミを紹介

やっぱり気になるのが実際に使った人の体験談です。

そこで、実際に使った方にインタビューしてみました!

小学校5年生の息子のために、すららを利用しています。

 

使い始めて1年が経ちましたが、とても満足しています。

 

すららは、ゲーミフィケーションと呼ばれる、ゲームの要素を取り入れた教材を利用して、子どもたちを飽きさせない工夫をしています。

 

また、学年で内容を区切るのではなく、学習の進捗度に合わせて学習内容が変わる 無学年方式を採用しているところが、ユニークなところだと思っています。

 

 

息子はコツコツを学習するタイプであったこともあり、すららの教材も毎日20分だけですが、毎日続けています。

 

休校中も毎日続けていたおかげで、学校の授業内容よりも先に進んでしまっています。

 

あとすららコーチという、本来は学習塾の先生をしておられる方が専属のアドバイザーとしてついてくださっており、保護者が困ったときなどにアドバイスをいただいています。

 

若干費用は高めには思いますが、コンテンツ作りに妥協を許さない企業姿勢が教材にしっかりと反映されていて、払うお金以上の価値はあるように感じています。

 

あとは学習格差をなくすという企業のビジョンにも共感を覚えます。

 

子どもが小学2年生のときに、すららを半年間利用しました。

 

チャレンジなどと比べると、月額料金は高く感じましたが、無学年式でどんどん先へ進めるため、入会を決めました。

 

入会すると、すららコーチという現役の塾の先生が週に1回メールで学習状況についてのアドバイスをくださります。

 

私の子どもは発達障害ではありませんが、もともとすららは発達障害があるお子さまにも向いた教材であるため、すららコーチの先生も子供の発達に対する知識が深いように感じました。

 

実際に子どもにすららをやらせてみると、アニメーションで学習が進むことが楽しいようで、毎日学習を続けることができました。

 

また、他社に多くある、一方的に説明を聞いてから問題を解くという形式ではなく、双方向で学習が進んでいくというのも、小さな子どもには合っていました。

 

ただ、低学力の子や発達障害の子をメインターゲットとしているため、どうしても学習内容の難易度が低く、中学受験を考えている我が家には合わないと感じたので、半年ほどで退会しました。

 

退会はとても簡単で、無理な引き止めもなく、かなり良心的な印象を抱きました。

 

中学受験を考えておらず、一般的な公立小学校に通っている子にはとてもお勧めできると思います。

 

一定の進度で進んでしまう教材よりも、自分のペースに合わせて進めることができる教材のほうが、しっかりとした学力がつくと感じました。

不登校児向け教材
すらら公式をチェック
まずは資料請求・無料体験

 

まとめ|無料体験で子どもに合うか試してみよう

ここまで、すららの特徴と口コミについて紹介してきました。

不登校児向けの教材と言われるだけあって、とてもよく考えられています。

まとめると
  • 自立心を促し、やる気を出させる
  • 成功体験、自己肯定感を高めるように作られている
  • 特性を考えて効率よく得意を伸ばせる
  • つまづいてもフォローがある
  • 楽しく継続しやすい工夫

 

プラス、不登校児の親の相談も兼ねている点はいいですね。

塾講師と計画、相談ができる。今までの家庭学習に足りない部分を補っています。

 

ただ、子どもに合ってこそ初めて良い教材なんですよね。

すららは、そのことも考えて、気軽に無料体験ができます。

不登校児向け教材
すらら公式をチェック
まずは資料請求・無料体験

 

 わが家の場合|出席にするのが難しそうだったので交渉せず

もし、お子さんがすららを活用するのであれば、出席扱いにできるならした方がいい。

せっかく可能性がある教材でなので、学校側に相談してみましょう。

私も調べまくり、相談しました。

「前例がないので、わかりません」とあっさりと言われました。

 

さらに、学校の対面の授業に出ないと評価はつかないと言われました。

廊下ででも授業を聞いて初めて通知表の1が2以上に変わる。

特例は認めないという反応でしたね。

学校って前例がないと簡単に進まない。田舎の学校ってこともあるのかな。

 

それでも、娘が公立の全日制高校を目標としたら交渉しようと思った。

でも、その頃 通信制高校に進路を考えていました。(これは本人の状態と希望から)

そうなると、出席日数や評価は関係ありません。

なので、それ以上はやり取りをしませんでした。

 

「出席扱い」と「出席」、さらに評価として反映するかどうか。

これは、ネットの情報だけではわからないこと。

適応教室やフリースクールの「出席」が100%の日数と反映しない場合もあります。

ここも学校次第。可能性はあるんです。確認した方がいい。

 

Twitterで知り合った不登校児のママさんたちでも反応は色々でした。

・前例があり、すんなりと進んだ。

・出席扱いが やる気を出すきっかけとなった。

・完全に出席日数のカウントにするのは難しそうだった。

・すららコーチが相談に乗ってくれて学校側が動いた。

・子どもが あまり乗り気じゃないからやめた。

 

実際に試した不登校の子を持つお母さん達のツイートを探してみるといいんだけど、鍵をかけていることが多いんですよね。そうするとフォロワーさんしか見れない。

そんな私も不登校のお母さん達と交流しているアカウントは鍵をかけてます。時には愚痴だったり、本音を書いてるからね(^^;

 

運営会社情報

会社名 株式会社すららネット
所在地 東京都千代田区内神田1丁目13番1号
豊島屋ビル4階
連絡先 03-5283-5158