100人以上の不登校体験談

不登校から理解ある担任と出会い・適応教室から復学・県立高校合格の体験談

この記事では、募集した体験談を紹介します。

 

書いてくださった方本人
不登校となった時期小学6年生~中学3年2学期
きっかけいじめ・プレッシャー・疲労
その後の進路など県立高校
学習方法

ハム鉛筆

小学6年生あたりから、ちょっとしたことで周りからイジメられ、周りの目を異常に気にするようになりました。

 

そして、次第に学校に行きたくなくなりました。

 

中学1年生の頃は1学期に学校に少し行ったほどですぐに嫌になり、そこから中学3年の2学期開始まで、不登校になりました。

 

 

その頃は完全に引きこもり、勉強も一切せず、寝るかTVを見るかゲームくらいしかしませんでした。

 

引きこもっている間は、心の中では学校に行かないと将来やばいと考えてはいました。

 

でも、とにかく行動に移す気が全く起こりませんでした。

 

13~14歳なのに、それまでの人生にものすごく疲れを感じていました。

 

 

そんな中、中学3年の1学期の途中、担任の先生からフリースクールのような施設に通ってみないかと誘われました。

 

フリースクールかどうかその当時はわかりませんでしたが、そこに通って2学期から学校に通えばギリギリ卒業させる、という話の内容だったと思います。

 

2年ほどの引きこもり生活である程度疲労が癒え、焦りもあって、その申し出を受け、そのフリースクールに2か月ほど通いました。

 

 

そこはハッキリ言ってすごくつまらなかったのですが、外へ出てどこかに通うということがいいリハビリになり、不思議と2年ぶりの学校登校に抵抗はありませんでした。

 

クラスの皆も快く受け入れてくれたおかげでずっと通い続けることができました。

 

猛勉強して、近くの県立高校に合格することができました。

 

経緯はそんな感じです。

 

 

とにかく親含め周りに味方が誰もいなくて一人で周りと戦うというのは子どもにとってはものすごく辛いことです。

 

辛いというか、絶対無理です。

 

私の場合がそうで、物心がついたころには既にそんな状況で、しかも 親からの高学歴プレッシャーなどがあり、中学に上がるころには完全に疲れてしまいました。

 

しかもその疲労感は自分では全く気づいていませんでした。

 

 

今考えると子どもにはある程度のサポートと味方が必要だと、心の底から思います。

 

私の場合は運よくいいタイミングで素晴らしい担任に恵まれ、機会に恵まれましたが、その機会がなければおそらく今でも、そして死ぬまで引きこもりを続けていたと思います。

 

 

世間には基本的に味方はいない、地獄のような世界だとずっと感じていたので。

 

逆にいえば味方とサポート、そしてきっかけさえあれば悪いスパイラルを断ち切ることはできて、行動に移せるようになるのではないかと思います。

葉っぱ区切り線

この体験談、子どもの気持ちがよくわかるお話だと思いました。

 

ヒントがたくさんあるような気がしました。

 

きっかけはいじめで、そのあとの異常に視線が気になる。このパターンが多いですね。

 

娘もそうですが、不登校になってから視線を本当に気にします。その結果、ひきこもりとなります。

 

子ども自身は誰よりも学校に行かないとまずいって思っている。でも、やる気が出ない状態。

 

だから、勉強もしようと思えないし ゲームぐらいしかできない。

 

この状態が親からは怠けていると見えてしまうんですが、心が疲れ切っている状態。

 

本人が自覚していなかった疲労と家庭環境。

 

複雑に絡み合って不登校や引きこもりになっています。

 

中3の担任との出会いが転機となっています。

 

学校と連携していて、出席日数がカウントされる適応教室を勧めたのかなと思いました。

 

県立高校に合格している背景から 想像しました。

 

2ヶ月リハビリとして通い学校に復帰。

 

同級生に温かく迎えてもらえて本当に良かったですね。

 

素晴らしい担任なので、きっと配慮もあったんじゃないかな。

 

医師に言われた言葉、第三者の理解がある人の助けが必要。

 

外に出るきっかけとなる。今回は担任の先生とクラスメイトですね。

 

心を癒す十分な期間、そして回復してきた頃にタイミングよく周りのサポート。

 

猛勉強 頑張りましたね。やればできる。スイッチさえ入ればこれだけ変われる。

 

今の適応教室やフリースクールは学校復帰だけが目標ではありませんが、このように橋渡し、リハビリとしてうまく働いたパターンもあります。

関連記事

 

他にも、たくさんの経験談を紹介しています。
まとめ記事はこちらです。

不登校とその後の進路|本人・家族・関わった方の体験談