100人以上の不登校体験談

女子グループの板挟みにより不登校|定時制高校で価値観が広がった経験談

 

現在私は30歳なのですが、中学生の時ほぼ不登校で引きこもりでした。

幼稚園・小学校からあまり人と上手く馴染めず、小学生の時はいじめられてしまいました。

 

人に嫌われたくない一心で明るく振る舞っていたつもりだったのですが、その結果、中学生の時2つの女子グループに挟まれてしまいました。

 

どちらのリーダーにも嫌われてしまい、人が怖すぎて勉強も部活も素直に楽しめませんでした。

その結果、不登校で引きこもりになってしまいました。

 

 

今思ばこの時、両親には全く相談ができませんでした。

お互いがお互い自分の事に精一杯になりすぎていたように感じます。

誰にも上手く言えなかったので自傷行為によく走っていましたし、一人でいるのがとにかく楽でした。

 

 

受験が近づいてきた頃、保健室登校や部活に顔出すまでにはなりました。

 

なんでそれができたのかなと思い返してみると、当時絵を描くのが好きだったのでそういう勉強をしたいと思って高校には行かなくちゃと漠然と思っていたような気がします。

 

好きな事があるとそれがキッカケで立ち直れる気がします。

 

でも、好きな事をやるのに今の時代 進学がすべてだとも思いません。

 

中学生の時の成績がつけられない状態だったので、通信制や定時制の高校しか選べない状態でした。

定時制の倍率が高い高校に受験しました。

AO入試のようなシステムだったのでとにかく進学して絵を描きたいという事をアピールしました。

 

 

私が通ってた定時制の高校は、3部制になっており 朝昼晩それぞれ四枠授業の枠があって、その四枠だけ単位を取ると4年で卒業できます。

 

例えば、昼の時間で入学できると 朝か晩の枠も1つか2つ枠が取れて3年で卒業できるというようなシステムでした。

授業も介護系、情報系、美術系と専門の講師がいて、かなり自由度が高いです。

 

ただ、普通の高校より単位を取るのが簡単に設定されているので自分で選択して自分でやる意識がないと簡単に単位が取れて卒業できてしまうため 怠けます。

 

クラス編成はありましたが、授業が選択式だったので授業によっては一緒になる生徒がバラバラでした。

 

学費が安いという点で通ってる生徒さんもいましたし、辛い思いをしてる生徒さんが沢山いたのをよく覚えています。

高校に入って初めて色んな人がいるんだなあと思て価値観が広がりましたし、この頃の経験が今自分の為になっている事を実感しています。