100人以上の不登校体験談

引越・転校により小学生で不登校|復帰とたくましく成長した経験談

不登校体験談家族

この記事では、募集した体験談を紹介します。

 

書いてくださった方
不登校となった時期 小学4年生
きっかけ 転勤・転校による変化
友達、方言、学習面
その後の進路など
学習方法

ハム鉛筆

長女が小学4年生の時、関西から東京に転勤するにあたって、なかなか友達ができず一時期不登校になったことがありました。

 

特にいじめられていたわけでもないのですが、自分自身の関西弁が恥ずかしいと言う羞恥心が一番大きな理由です。

 

また、周囲のお友達が非常に勉強ができることも本人にとっては気になることだったようでした。

 

 

結局は、1ヵ月程度学校に通うことができなかったのですが、その間も担任の先生から毎日連絡をいただき宿題等はきちんとこなしていたので勉強に遅れはなかったと思います。

 

また、転勤したばかりで家内も仕事をしていなかったのでコミニケーションの面でも特に問題なく生活ができていました。

 

 

正直なところ、本人にとって人生で初めての引っ越し、さらに慣れ親しんだ場所から移ったこともありマイナスに考えてしまうのは仕方なかったと思います。

 

あれから10年近く経ちますが、周りのお友達も良い子が多く、娘を受け入れてくれたことに関しては本当に感謝しなければならないと思っています。

 

 

結果的に、娘もこの経験を経て非常にたくましくなったのではないかと思います。

 

誰もが人生で1度位は通る道かもしれないので、この程度で乗り切れたのは本人にとっても良かったかもしれません。

 

1ケ月の不登校の経験が彼女を成長させたと思います。

葉っぱ区切り線

転校による環境変化による不登校のお話です。

 

いじめや不登校となり、転校して通えるようになる話もありますが、その逆、転校がきっかけとなる場合もありますね。

 

大人でもそうですが、新しい土地、言葉、人間関係、どれも慣れるまでは不安でいっぱいですよね。

 

学校であれば、勉強も進み具合が違うし、戸惑うことがたくさんだったでしょう。

 

その後はお友達にも恵まれて、たくましく成長されたとのこと良かったです。

管理人より

他にも、たくさんの経験談を紹介しています↓

不登校とその後の進路|本人・家族・関わった方の体験談